千歳で搭乗拒否か?タイで入国拒否か?

げに恐ろしきは無知

私、パスポートの有効期限って期限ギリギリまで有効だと思ってました。

11月なのでまだ全然余裕があると。

ところがです。

今まで聞いたこともない【残存日数】という言葉。

国によって有効期限の数ヶ月前までの残存日数が必要なのだという、衝撃の法律。

マジでか!?

来月、株関係の仕事でタイに行く予定なのですが、必要書類も送り会社が手配してくれた飛行機のeチケットもデータで送られて来て、

「あぁ…、本当に行かなきゃならないのねぇ…(´ー`)💧」

と、気が進むような進まないような進まないような感じではありましたが、タイで使えるコンセントってマレーシアの物とは違うのかしら?またアダプターを買わなきゃいけないのか?なんて呑気に考えてた矢先、

①とあるイベントにフラリと参加した先で、

②敦子さんが無意識に私の手帳の「タイ」の文字を見つけてくれて、

③たまたまよく買い付けに行く海外に詳しいお嬢様に私のタイ行きを言ってくれて、

④何の気なしに口にしたパスポートの有効期限を、

⑤「それ、残存日数大丈夫ですか〜?調べてあげますね〜♡」と美しい笑顔でパパッと携帯を見てくださって…。

⑥「残存日数6ヶ月なので今のパスポートはアウトですが、週明けすぐに手続きしたらセーフです♡」

なんということだ!!(((;꒪ꈊ꒪;)))

全く知らなかったーーーッ!!

いろいろサイトやブログを見てみると、このように国によって残存日数は異なるそうです。

そして複数の条件が満たされていれば、残存日数6ヶ月を切っていてもタイに行ける場合もあるそうですが必ず足止めはくらうだろうし、書類に一筆書かされるそうです。

何より、ワケも分からずタイの空港職員に囲まれて別室なんかに連れて行かれたら、私泣いちゃう(;ω;)

もし上記6つの奇跡が1つでも欠けたら、私は何も知らないまま間抜けヅラで大荷物をゴロゴロ引っ張って行ったはいいものの、

千歳空港で搭乗拒否をされるか、

タイで入国拒否をされるか、

どちらにせよ置いてけぼりという絶望を味わうハメに陥るところでした。

海外に詳しいお嬢様曰く「それが原因で、空港でモメてる人よく見るんです」

そうなの!?私、今まで海外7回くらい行ってるけど見たことないσ(^_^;)あ、10年で7回はたいしたことないか💦

「でも大抵、旅行代理店が教えてくれるはずなんですけどね」

ですよね!?

だって、分からないことがあったら聞いてくださいって言われるけど、本当に知らないことは聞くこともできないんだよ!!(>_<)

残存日数も、搭乗拒否も、入国拒否も、そんな法律があることすら知らなかったんだから!!

ただね、これも調べてみると、自己責任なんだそうです。

旅行代理店にパスポートの画像やコピーを送りますが、これは名前のスペルと生年月日を確認するだけ。

例えばこれでせっかくの旅行が台無しになったとしても、法律的には罰せられず、補償責任もなく、代金は100%自己負担になるそうです。

まぁこれも、やり取りの中でいろいろ条件はあるそうですが。

大手旅行代理店や、よっぽど親切で気が利いて仕事がデキる担当者だったら教えてくれるようですが、格安の代理店はサービスも格安レベルというウワサも…σ(^_^;)

ただ今回は格安会社なのか割高会社なのかは全然知りませんが、

eチケットが送られて来た先の会社のホームページを見てみると、

【タイ・プーケット専門】と謳っているではありませんか。

たった2カ国の【専門】なのであれば、それくらいは確認してくれても良さそうなものではないか。

残り5ヶ月のパスポート画像を、平然と送りつける人は大抵、素人さんかうっかりさんなんだよ(>_<)

お前らプロだろ!? ちゃんと教えてくれよ!!!!!

取り乱しましたが、まとめるか。

☆☆☆ パスポートは有効期限まで1年を切ったら更新したほうがいい!! ☆☆☆

ーーー 以上ッ ーーー

The following two tabs change content below.
斎藤 美紀
1973年1月、生まれも育ちも北海道 釧路です。國學院短期大学 国文科卒業。21歳の時に双子の男の子を出産、間もなく離婚。ずーっとシングルマザーで今に至ります。双子が高校卒業して地元から離れた時、軽い「空の巣症候群」になりかけましたが、ボディジュエリーアート、3Dボディジュエルと出会い、回復しました。2012年9月ビュエリスト協会認定ボディジュエリーアーティスト。2013年7月ユリシス3Dボディジュエルプロベーシック取得。同年10月ユリシス3Dボディジュエルプロスペシャル取得。2014年1月ユリシスドンネ・デコ取得。同年6月ユリシス3Dボディジュエルパートナー資格取得。2013年11月1日Salon Echelleオープン。

フォローしてね☆