踊れる伝統工芸職人

滋賀県からこうき(双子の片っぽ)が帰省しました。

久しぶりの我が子との再会☆

ますます痩せていたのでたくさん食べさせたいけれど、お友達とも遊びたいのであまり家に居てくれない感じです。

録画しておいたNHKの番組【イッピン「徹底的に!自由に!木の魅力を生かす~滋賀の木製食器~」】を観ました。

職人見習いとしてお世話になっている【中川木工】さん。

こうきの解説付きで家族でわいわい観ました。

20150312_064653453_iOS20150312_064607074_iOS

美しいフォルムのワインクーラーです。

日本の料亭や海外の高級ホテルやレストランに出荷してるんですって。

ヨーロッパの展示会にも多数出展している芸術品です。

全く素人の私から見れば「氷水で冷やしても、外側に汗かかなくていいね」くらいしか思いつきませんが、

まぁ、奥の深いこと深いこと。。。

膨張や収縮の木の特性を知ることとか。

カンナをかける角度とか。

底と間口の大きさをパーセントで計算することとか。

あの数学が苦手だったこうきが、すすんで計算の勉強をしているなんて!!

京都の学校に入学する時も「センチは使いません。全て尺寸です」と説明を受けた時もビビりましたが。

20151231_060137266_iOS

親方に設計図の書き方も教えてもらっているそうです。

「目を通そうと思って」と、すぐ取り出せるリュックからサッと資料を出して見せてくれました。

テレビで親方は、削る時に木を持つ「親指と中指の感覚で角度や薄さが分かる」と言っていました。

すごい☆

今は「見て盗め」だけではなく、理論も教わっているそう。

木工職人見習いの話は、本当に面白いです。

こうきの仕事の話は尽きません。

表情がイキイキとしていて、とても楽しそうに話してくれます。

これなんだよ!!

大好きなことを仕事にするって、こういう事なんだ!!

尊敬する師と、先輩と、滋賀の母いっぱいに囲まれ、厳しくも楽しい木のお仕事に携われてる。

20151230_133012911_iOS

一年ぶりに双子の片割れに会えて、無邪気に喜んでる姿は可愛いままだけど、

ちゃんとやりたいことを見つけて一生懸命頑張っているんだなぁ。。。

感慨深くなっちゃうよ。

 

そしてこうきの趣味(?)はダンス。

中学くらいから学校祭とかで踊ってました。

高校の時は双子で学祭のステージで踊ってたし、今は友達と大阪の大会だかイベントだかで踊ったとか。

二本の柱がちゃんとある!!

今私がセミナー受けてる【エクスマ】に合致してる☆

【踊れる木工職人】

かっこいくない!?^^♪

こうきはツイッターもやってるんだから、発信することを強くすすめてみました。笑

 

やっぱり自分の進むべき道が決まってる人、大好きなことが決まってる人は、目が違います。

話をしてても、すっと身になっていくというか、腑に落ちてるのが分かります。

すごいな。

いつも応援しているよ。

周りの方々に感謝しながら、一生懸命頑張るんだよ。

 

帰省するたびに、こうきは家にある包丁を全部研いでくれます。

20151231_065410091_iOS

なんと包丁を研ぐ前に、砥石から研いでます!!

なんかプロっぽい^^

あ、研ぎ職人じゃないからプロではありませんが。

4日には滋賀に戻るこうき。

なんだかとても、息子が誇らしい気持ちです。

The following two tabs change content below.
斎藤 美紀
1973年1月、生まれも育ちも北海道 釧路です。國學院短期大学 国文科卒業。21歳の時に双子の男の子を出産、間もなく離婚。ずーっとシングルマザーで今に至ります。双子が高校卒業して地元から離れた時、軽い「空の巣症候群」になりかけましたが、ボディジュエリーアート、3Dボディジュエルと出会い、回復しました。2012年9月ビュエリスト協会認定ボディジュエリーアーティスト。2013年7月ユリシス3Dボディジュエルプロベーシック取得。同年10月ユリシス3Dボディジュエルプロスペシャル取得。2014年1月ユリシスドンネ・デコ取得。同年6月ユリシス3Dボディジュエルパートナー資格取得。2013年11月1日Salon Echelleオープン。

フォローしてね☆